家

安心して暮らせる家を手にしたいなら殖産のベストに依頼

地域ごとの需要の違い

メンズ

地形と気候を考慮して

近畿地方のほぼ中央に位置する寝屋川は、通勤に便利なベッドタウンとして注目されています。特に寝屋川の西部からは大阪中心部に、東部からは京都方面や奈良方面にアクセスしやすいと言えます。そのため寝屋川で住宅を購入する人の多くが、勤務地から西部と東部のいずれかを選択しています。また、寝屋川では住宅の中でも特に新築一戸建てに人気があります。これは、新技術や新建材を使って建築された新築一戸建ての方が、寝屋川の地形や気候に適しているからです。具体的には、寝屋川の西部では、標高の低さから水害の発生リスクが高めとなっています。しかし新しい耐震基準で建てた新築一戸建てなら、水害時の被害を最小限に止めることが可能となっているのです。一方寝屋川の東部では、標高がやや高いため日当たりが良い上に、山地に空気の流れが阻まれるため、気温が高くなりがちです。そのためセルロースファイバーなどの断熱材を多く使った、屋内に熱のこもりにくい新築一戸建てに高い需要があるのです。また昨今では、木造枠組壁工法で建てられた新築一戸建てにも関心が寄せられるようになっています。一般的な軸組工法で建てられた木造住宅と比較すると、頑丈なので水害に強く、気密性が高いため冷房の効果が持続しやすいからです。いずれの場合も、販売価格は3300万円前後が相場となっているので、大阪では比較的安く購入できると言えます。そしてそのことが、寝屋川のベッドタウンとしての魅力を一層高めていると言えます。